ウェディングプランナーの資格を取るためには

ウェディングプランナーとは

ウェディングプランナーとは、式場や花嫁の衣装選び、身の回りの世話などをコーディネートする職業です。結婚式を素晴らしいものに飾ることだけでなく、他人の立場になって配慮できるかが問われます。結婚式は夫婦となる二人にとっては、一生の思い出になります。一生の思い出にふさわしい結婚式を実行する時にウェディングプランナーとしてのやりがいを実感できます。マニュアル通りでは感動的な演出はできないので、ユニークなアイデアを考えてマナーを守りながら取り入れる姿勢が重要です。ウェディングプランナーになるためには、大学や短大、専門学校でブライダル関連の勉強をし、ABC協会認定ブライダル・プランナー検定などの資格を取ります。国家資格は無いので働きながら資格を取得してキャリアアップする場合もありますが、何らかの資格を持っている方が就職に有利です。主な就職先は結婚式場やウェディングプロデュース会社、レストランなどで、大手ホテルでは他の部門に従事していた人がウェディングプランナーになることもあります。結婚適齢期に差し掛かった年代では人口の減少が進んでいるので、結婚式のスタイルを魅力的なものにすることで、ブライダル業界の売上を上げられます。