ウェディングプランナーの仕事内容

ウェディングプランナーのお仕事は、主役の新郎・新婦の新しいスタートを最高に輝かせるお仕事です。主役のお二人はもちろん、招待客すべての人に満足していただく、挙式・披露宴をプロデュースします。その仕事は新郎・新婦のお話を聞くことから始まります。お二人はどういう挙式、披露宴にしたいのか、何度も打ち合わせをしていきます。衣装やお花、引き出物、ご予算などをとってもどれひとつ同じ内容の結婚式になることはありません。しっかりご要望をお伺いして、お二人のご希望に添えるプランを作りだしていきます。では、どんな人がウェディングプランナーに向いているのでしょうか。しっかり人の話を聞ける人、細かい段取りを進めていくテキパキさ、そして一番には面倒見のよい人が向いているようです。結婚式はお二人にとっての一生で最大のイベントです。万全な体制を整えて、当日を迎えるとても責任感のある仕事。希望の結婚式に作り上げていくという面ではクリエイティブな仕事内容とも言えます。そして、挙式・披露宴のスタイルも年々オリジナリティが求められてきていますので、柔軟に対応できる力はウェディングプランナーにとって欠かせないものです。そして、挙式・披露宴の後の新郎・新婦からの感謝の言葉は達成感とともにあなたのキャリアを育てていきます。